すぎの森幼稚園
お問い合わせ・入園申し込みはこちら
045-591-2525

公開ブログ

野菜の続き

2024年06月03日(月)園生活学び

 コーナンに買いものに行った野菜苗たち。着々と成長しているようで、トマトが小さく実るだけでも嬉しい様子。どの苗から何が出来るのか分かりにくいという事で、イラスト付きの看板が差し込まれていました。

 その看板を見てRくんが「これは何て書いてあるの?」と聞いてきます。「どんな野菜ができるのか」の好奇心が、文字への関心にも繋がっていました。こういう何気ないきっかけで「お く ら」という三文字が記憶されていき、『「お」が分かる。「く」も見たことがある。』と文字への広がりが出ていきます。

 Hちゃんはワイルドストロベリーがなるのを心待ちにしているようでした。毎日観察するから気付いたのか「ここに実があるよ」と教えてくれます。「花が咲き、その後に実がなる」小学校の理科で習うような事柄ですよね。そういったことも興味関心があれば自然と気付き、身に付くこと。

 そんな姿もあってか、苗植えをする前から植わっていたワイルドストロベリーに実がなっているのを保育者と別の子どもが見つけていました。「食べてみる?」と保育者が聞くと、ちょっと恐る恐るな様子でした。笑 きっと知っている「イチゴ」とは少しイメージが違ったんでしょう。

口に運ぶも、少し舌を出して恐る恐る舐めてみる。

 「野菜の苗を植える」時に、子どもの案として挙がったワイルドストロベリー。それを買いに行き、育て、食べる。Rくんには文字への関心へ繋がり、虫が好きな子どもは「ねぇ、テントウムシいるよ」と、物事に集中する力があるからこそ見つけた、大好きな虫がいます。野菜を育てるという一つの事柄だけでも、こんなに沢山の育ちと経験が見て取れます。

関連記事

  • 2024年06月10日(月)お知らせ

    神奈川県研究協議会 打ち合わせ

  • 2024年06月03日(月)園生活

    野菜の続き

  • 2024年05月24日(金)園生活

    親子遠足

error: 右クリック禁止です